宅建業免許の相談(東京・埼玉)

不動産屋で成功するための条件とは?

不動産屋を始めるとなったときに、どうすれば
成功するのかが気になるのは当然のことだと
思います。

既に不動産経験が豊富であったり、基盤を
引き継ぐような不動産屋であれば特にこの内容には
関係しないというところもあるかもしれませんが
新規で1から始めるとなると、どうやって売上を
上げていくか、お客様からの立場に立つとどのような
ことができるのか、ということを意識していかなければ
いけません。

お客様の企業を見る目というのは年々厳しくなって
おり、一度ダメだと思われてしまうと、もう二度と
くることはなくなってしまいますし、下手な悪評が
口コミで広まったりインターネット上で出てしまうと
そのお客様一人の話ではなく、事業全体に悪影響を
及ぼしてしまうというリスクがあります。

どうしてもイメージという点で悪くみられがちと
いうところもあり、それは1件あたりの報酬額が
大きいため、無理やり契約させようとしていると
いうように見られるところがあるのではないでしょうか。

強引なやり方をしているところはかなり減ったとは
いえ、それでもまだこういった人たちがいるのも
確かなことです。

経営が苦しくなってきたときや、売上がひたすら
欲しいとき、ついうっかり売上至上主義に走ってしまい、
お客様のニーズとあわない提案をしているということも
あるかもしれません。

また不動産も仲介ということだと、独自の情報を
持たない限りは不動産の情報が他社と同じになってしまい、
差別化がしづらいというところも出てきます。

他の不動産屋にいっても同じ物件を見ることができるので
わざわざそこで決めなくてもいいということです。

そうすると決め手になるのは、物件の情報量ではなく、
契約をする「人」となってきます。
その人と信頼関係があるのか、今後ともお世話になれるのか
というような判断基準になってきます。
どれだけ人間関係が築けるかという真摯な営業力が
求められてくるのではないでしょうか。

お問い合わせ

事務所代表者ご挨拶

Top