宅建業免許の相談(東京・埼玉)

保証協会にかかる費用は?

宅建業を始めるには保証協会に加入するという
方法が一般的になっています。

保証協会に入らない場合であれば、営業保証金を
供託しなければならずその金額は
・主たる事務所につき1000万円
・その他の従たる事務所につき500万円
とかなりの高額になってきてしまいます。

この費用が保証協会に加入するということで
・主たる事務所につき60万円
・その他の従たる事務所につき30万円
と比較するとかなりの割安額で営業を
開始できるようになり、こちらが一般的なものと
なっています。

保証協会で費用が安いのは「全日」

保証協会は2つあり、
全国宅地建物取引業保証協会、通称「全宅」と
全日本不動産協会、通称「全日」
となります。
全宅がハトのマークであり、全日がウサギの
マークとなりますので、見覚えのある方も
多いのではと思います。

どちらが安いか、となると安いのは「全日」です。

全日の費用は以下になります。(東京都)

全日本不動産協会
 入会金        540000円
 年会費         30000円
 印刷物代         2000円
 流通センター入会金   50000円
 年会費          9000円
不動産保証協会
 弁済業務保証金分担金 600000円
 入会金        130000円
 年会費         15000円
東京都不動産協会
 入会金         50000円
 年会費         10800円

合計 1436800円

またこれに追加して政治連盟費用があり
 入会金         50000円
 年会費         4000円
となります。

全ての合計で150万円程度が必要と
いうことになります。

これが「全宅」の場合、政治連盟の費用が
20万円かかるため、15万円の差が出ると
いうことになります。

※詳細金額はその時期・地域によって異なってくる
 可能性があります。

もともと何かのつきあいがあったり、セミナー等の支援を
期待している等があれば、その好みによって選んだ方が
良いですが、単純に価格で安ければということであれば
全日でいけば間違いないでしょう。

お問い合わせ

事務所代表者ご挨拶

Top