宅建業免許の相談(東京・埼玉)

全日本不動産協会の会員数はどれくらい?

宅建免許を申請する際に利用することとなる
保障協会、全宅と全日どちらを利用すればいいか
迷うという方もいらっしゃいますよね。

今回、全日本不動産協会(全日)の会員数の
状況がわかるものがありましたのであげてみます。

全日本不動産協会の東京本部の資料を見ると
年度末会員数(都内店舗数)では以下のようになっています。

2003年 6284
2004年 6632
2005年 7025
2006年 7415
2007年 7784
2008年 7880
2009年 7921
2010年 8148
2011年 8323
2012年 8621
2013年 8749

今のところ年々増加傾向にあります。
明らかに今の流れとしては、全日が有利であり、
価格面からも全日の方が安いといえる部分が
あるかと思われます。

知名度に関してはまだ全宅の方が上という
部分はありますが、特に気にしないと言う人、
価格が安い方がいいという人にとっては
全日の方が魅力があるのではないでしょうか。

当事務所では都庁への宅建免許申請だけではなく、
全日本不動産協会への申請手続きも代行しております。
(東京都の場合)
もちろん全宅側を選択する場合も問題ありません。

是非ご相談いただければと思います。

お問い合わせ

事務所代表者ご挨拶

Top