宅建業免許の相談(東京・埼玉)

宅建免許を取る、不動産屋を行うのに業界経験は必要?

宅建免許の申請を行って免許を取ったり、
実際に不動産屋を開業していって、利益を出していくには
不動産業界での経験がないと厳しいのでしょうか?

この答えとしては、少なくとも代表者に関しては
不動産業界経験というのはないよりはあるに越したことは
ありませんが、絶対的に必要というものではないということに
なります。

実際に当事務所にご相談に来られる方は不動産業界で
働いていて、独立というような方ももちろんいらっしゃいますが
別事業からの派生というパターンも多くなってきています。

なかなかサラリーマンで何もないところから一人で、
というような方は少ないですが、現在別事業を実施していて
その事業の関係から不動産についても販売・紹介できる
見込みが出てきた、今の事業に追加として広げていきたい、
このようなニーズは多いものです。

こういった方々は必ずしも不動産に対して詳しいわけでは
ありません。

宅建免許を取得するにあたっては、専任の取引主任者が
必要なので、誰か1人は必ず宅建業の知識は持っていなければ
いけませんが、この専任の取引主任者も業界経験がなくても
登録実務講習でカバーすることが可能です。
代表者に関しては、専任の取引主任者を別に設けていれば
代表本人は持っている必要はないのです。

事業を実際に進めていくにつれて、どこにも聞くことが
できないという状態は問題になってしまう可能性が
高いですが、何かあった際に聞くことができる業界関係者が
いる、そして専任の取引主任者を用意できるということで
あれば、必要以上の心配はせずに、事業を検討してみると
いうのも良いかと思います。

何かあった際には役所や不動産協会に聞くことで
解決ができるということもありますし、書式についても
無料でダウンロードできるようになっています。

事業について重要なのは、どうやって経営を行っていくか、
営業を行っていくかという点であり、この経験関連が
最重要というわけではありません。

免許を取りたいという方がいらっしゃいましたら
是非お気軽にご相談いただければと思います。

お問い合わせ

事務所代表者ご挨拶

Top