宅建業免許の相談(東京・埼玉)

宅建業として別会社を作るメリットは?

宅建業を始める際には、新たに会社を立ち上げて
その新会社で宅建免許を取って始められるという方が
多いようです。

では、宅建業を別会社を作って始めるメリットは
何があるのでしょうか?

本店ではない場所で事業を開始したい場合

もともとある会社の本店ではない場所で宅建業を
始める場合、これは別会社を作って別会社の
本店をその事業場所とするとで問題を回避できます。

宅建業免許に関しましては、本店では絶対に
宅建業を営まなければいけないことになってしまいます。
ということは、実際に宅建業の許可を満たす状態に
実際には営業しないにも関わらず変更していかなければ
いけませんし、さらに実際に営業する営業所でも
許可を取らなければいけないということに
なってしまいます。

別会社であれば、関係ありませんので、スムーズに
進められます。

役員等の関係を見直したい場合

宅建業を開始するには専任の取引主任者だけではなく、
現状の役員の情報も全て提出することになります。
会社によっては役員は~の領域担当として、この
事業には入らないとしているような場合もありますが
宅建業の場合、登録されてしまうこともあり、
完全に無関係というのは難しいところが考えられます。
(宅建業に関わらず他の会社でも当然経営陣の責任と
 いう点はありますので、完全に無関係事業というのは
 難しいです)

そういった役員との関係や資本関係、取引先関係等
現状の会社と切り離して不動産事業を独立させたいと
いう場合はやはり別会社にしてというのがいいのではと
考えられます。

各会社の事情にもよりますので一概に別会社にした方が
いいのか、今の会社で宅建免許申請をした方がいいのかと
いうことはいいにくいものがあります。

別会社を作るのであれば、宅建業申請とまとめて
対応することも可能なので、ご相談いただければと
思います。

お問い合わせ

事務所代表者ご挨拶

Top