宅建業免許の相談(東京・埼玉)

宅建業免許ってどういう場合に必要なの?

宅建業免許が必要なのかどうかわからない、そもそも
どういった場合に宅建業の免許が必要とされるのか?
とお悩みの方に宅建業免許の要件をご説明いたします。

宅建業免許が必要とされるのは、「宅地建物取引業」を
営もうとしている場合です。個人であっても法人であっても
この宅地建物取引業を営むのであれば必要とされるので
必ず取得する必要があります。

宅地建物取引業とは?

では、宅地建物取引業とはどのようなものなのでしょうか?
これは「宅地建物取引業法」という法律が定められており、
第二条にて

宅地若しくは建物(建物の一部を含む。以下同じ。)の売買若しくは
交換又は宅地若しくは建物の売買、交換若しくは貸借の代理若しくは
媒介をする行為で業として行なうもの

と定められています。
法律の文章で見ると難しいところがありますが、
売買・交換・賃借関連に関する業務を不特定多数と
継続的に行っているというと考えればいいでしょう。

ただし、自己物件を賃貸に出すということは
条件から除外されています。
不動産賃貸業、いわゆる大家業や不動産管理業、
家賃徴収代行などの事業は、規定外ですので免許の取得は
不要です。

もし、自らの事業が曖昧な状態であり、宅建業免許が
必要なのかどうにかわからないという場合は、その地域の
行政にまで事前に問い合わせしてみることをおすすめいたします。

また、当事務所でも確認等が面倒な場合は間に入って
確認等を行うことも可能です。
宅建業免許が必要であったときに依頼することを考えている
場合は是非当事務所にまでご相談いただければと思います。

お問い合わせ

事務所代表者ご挨拶

Top