宅建業免許の相談(東京・埼玉)

宅建業免許の有効期間は?更新できる期間に注意

宅建業の免許を新規に取得した場合、その免許の
有効期間は5年とされております。

その5年が経過した場合に、免許が失効になってしまうので
更新が必要ということになります。

更新のポイントとなってくるいつからいつまでの間に
更新すればいいのか?というところですが、
「有効期間が満了する日の90日前から30日前までの間」に
免許の更新申請を行うこととされています。

期限ギリギリというわけではありませんので
十分にご注意ください。

期限を過ぎてからになってしまいますと、今の免許は
有効期限切れで作れなくなってしまい、新規で宅建業免許の
申請をする必要が出てきてしまうということになります。

宅建業を営んでいる方はご存知の通り、宅建業の免許番号には
更新回数が掲載され、歴史がある会社がどうかがわかるように
なっています。うっかり過ぎてしまったですまない損失が
出てしまいかねませんので、期限は慎重に管理していきましょう。

また免許の更新も単純に事務処理上でというだけではなく、
その取引実績や実態というのが確認される可能性もあります。
極端に長期間にわたって取引がない場合は問題になる可能性が
ありますし、役員や専任の取引主任者等の変更をきちんと
届けているのか、等もチェックされるという可能性は
十分にあります。

更新期間中に更新できなかった場合はどうすればいい?

有効期限は残っているが、法で定められている
「有効期間が満了する日の90日前から30日前までの間」に
更新手続きが出来なかった場合、
また実際に期限が過ぎてしまった場合はどうすればいいのでしょうか?

これは残念ながらこうすれば絶対に良いといったような
解決法があるわけではありません。その管轄する行政に
よっても異なってくるかと思います。
新規で取り直すしかなくなってしまうことも考えられますが、
もしそうなってしまった際にはすぐに行政に連絡するとともに
加盟している保証協会等にも連絡をしておきましょう。

お問い合わせ

事務所代表者ご挨拶

Top