宅建業免許の相談(東京・埼玉)

宅建業免許申請の際に聞かれることは何がありますか?

宅建業免許申請の際に聞かれることは何が
あるのでしょうか?

自分で申請をしにいくとなると都庁や県庁の窓口に
いくことになりますので、係の人と向かいあって
数十分の間チェックを受けるということになります。

では、この間何を聞かれるのか?といいますと
実はそこまで大変なことを聞かれるということは
ありません。
このチェック時間は本当にほとんどが書類のチェックに
かけられるということになります。また登録してある
情報等、先方が持っているデータベースとの照合等を
行っているようです。

項目が抜けているとか、写真の写りが悪い・見えていない
角度がある、書いてある内容がわかりにくい、というような
一般的な部分で質問を受ける可能性はあります。

他に注意しなければいけないところとしては、許可申請の
手引き等には書いてありませんが、その会社がどのような
事業を行っていて、どのような売上が上がっているのか、
ここはチェックされる可能性がないとはいえません。

新規の場合でしたら兼業でもない限りはあまり関係
ありませんが、新規といっても、既に会社としては
存在していて、別事業での売上が上がっている場合等は
どんな会社なのか等をヒアリングされる可能性はあります。

もちろん宅建業者として不適切なものでなければ
実際のとおりに話をすれば問題のないことです。

既存法人は財務諸表を提出することになるため、
その内容で不自然な点があると突っ込まれてしまうと
いうことはあるかもしれません。

もし当事務所に依頼されるという場合でしたら
他の事業があったり、何か問題になるような要素が
あれば、事前に申告していただくようにお願いします。
違法なものは当然お受けすることができませんが、そうでは
ない場合、事前に確認・調整をさせていただくことも
可能な場合があります。

お問い合わせ

事務所代表者ご挨拶

Top