宅建業免許の相談(東京・埼玉)

宅建業免許申請時の賃貸借契約書の名義に注意

宅建業免許申請のときにひっかかる部分の一つとして
事務所の賃貸借契約書の部分があります。

自己物件で始める人はなかなか少ないところもあり、
多くの方は賃貸物件を事務所にすることになるかと
思いますが、気をつけなければいけないのが
賃貸借契約書の「使用用途」と「名義」の部分に
なります。

まず使用用途ですが、賃貸借契約書にはその物件を
どういった用途で借りるのかが書かれています。
ここが「居住」という文言になっているとNGです。
「事務所」としての用途を認めてもらうことが
必要です。

また新設法人の場合によくあるものとして、
借りている名義が代表者個人名義となっているものです。
会社を設立する前から事業用として借りるということは
そんなに珍しいことではありませんので、申請時に
契約書を見ると個人名義になっているということは
よくでてくるんですが、審査に段階においては、
代表者個人と法人は別物であるため、借りている主体が
異なるということでNGになってしまいます。

この場合、契約書を更改してもらうのが一番ですが
それが難しい場合はオーナー側から許諾の旨を
一筆いただくということになります。
それも難しい場合、残念ながらその事務所では
許可を取ることはできません。黙認しているけど
明記はできないというような場所では許可申請は
通らないものです。

大抵の場合は、事務手続き上の問題だけで
修正できるものになるかと思いますので、忘れずに
変更をしておくようにしましょう。

お問い合わせ

事務所代表者ご挨拶

Top