宅建業免許の相談(東京・埼玉)

専任の取引主任者が他の会社に勤務先登録されている場合

宅建業免許で新規の免許申請を行う際にしておかななければ
いけないこととして、専任の取引主任者の確保というところが
あります。

この専任の取引主任者なのですが、勤務先が登録される方に
なっており、「取引主任者資格登録簿」というものに登録され、
データベース化されて、都庁・県庁も保持しているものに
なります。

他社名が勤務先として入っていると、新規申請の際に
専任の取引主任者として適切ではないとして受付して
もらえないことになってしまいます。

既に他の会社では専任の取引主任者として勤務していない
状態であっても登録が残っている状態ではNGなのです。
自ら登録については事前に何も勤務先名がない状態に
変更の届出をしておく必要があります。

古い勤務先が残っていて、今回の免許申請とともに
新しい勤務先となるので、新しい勤務先として登録する、
ということもできないようになっていて、やはり
一度白紙の状態にするしか方法はありません。

ギリギリまで今の勤務先と専任の取引主任者として
勤務して免許が取れたら、新しい勤務先で勤務したいと
お考えの方もいるかもしれませんが、制度上行うことは
不可能であるため、少なくとも申請書提出の時期までには
勤務先を外しておくということを忘れないように
気をつけましょう。

他にも専任の取引主任者の件でご心配があるようでしたら
事前に行政側に確認しておくことをおすすめいたします。
申請してから何か問題があったでは遅い話になってしまいます。

またまとめての代行をお考えの方は是非当事務所にまで
ご相談いただければと思います。細かい確認の部分から
申請書の作成までまとめて対応させていただきます。

お問い合わせ

事務所代表者ご挨拶

Top