宅建業免許の相談(東京・埼玉)

政令で定める使用人とは?

宅建業の免許を申請するにあたって
「政令で定める使用人」という言葉が出てきます。

この政令で定める使用人とはどのような人を指すのでしょうか?
また専任の取引主任者、役員、従業員との違いは
どのようなものとなるのでしょうか?

宅建業免許の申請上、
政令で定める使用人がいる場合は届け出ないと
いけないものであり、また宅建業免許上の審査事項にも
該当することになり、この政令使用人が許可事由に
該当しない場合、不許可になるということも
ありえるわけです。

政令で定める使用人とは、各事務所の代表者であり、
契約締結権限等を有する者となっています。
これは支店長・支配人・所長等の役職が相当するものと
されています。使用人という名前がついていますが
決して通常の従業員を指すものではありません、
また政令で定める使用人であるからといって
必ずしも役員であるとも限りませんのでご注意ください。

専任の取引主任者とは異なり、政令で定める使用人自体が
宅地建物取引主任者の資格を持っている必要性はありません。

政令で定める使用人が必要となる場合

この政令で定める使用人が必要になるのは、
代表取締役が常勤できない場所に限られます。

一事務所のみで宅建業を営むのであって代表取締役が
常勤しているようであれば必要ありません。
代表取締役が他の事業を行っていて、その事務所には
常勤でないというような場合、または本店の他に
支店展開をしており、その支店に常勤するわけでは
ないというような場合に設置するのがこの
政令で定める使用人になるというわけです。

お問い合わせ

事務所代表者ご挨拶

Top