宅建業免許の相談(東京・埼玉)

自宅で宅建業を行いたい場合、許可は下りるのか?

宅建業を開始したい人の中には自宅を事務所を
したいという方もいらっしゃるかと思います。
賃貸ではなく、売買関連であったり、事務所での
接客ではなく、お客様のところを自ら訪問していく
タイプであれば、そこまでの事務所を用意する必要は
ないということも自然なことだと思います。

実際、許可がおりるのかどうかというところですが、
自宅でも要件がきちんと満たしていれば、
免許が取れるというようにはなっています。

ただ、絶対的に大丈夫だというものではないため
行政側へ図面を提示して確認しながらというような
流れになってくることになります。

基本的に事務所としての体を成しているというのは
大前提です。
借家である場合、賃貸借契約が事務所利用可となっていることが
必要であり、また、居住用となっている場合、物件所有者から
使用承諾の一筆をいただくことが必要となります。

その他にも事務所の要件としては、
その事務所として使う部屋が他の住居で使う部屋と
仕切られていて、その事務所の部分は事務所としてのみ
使用するということが求められます。

また、その事務所への入り口についても、独立性が
保ってあることが必要です。

事務所部分を通らないと、居住部分にいけない、
居住部分を通らないと、事務所部分へいけないと
いうものはNGです。

廊下に関しては共用としても大丈夫ですので、自宅の場合、
入り口から入って他の部屋にいかずにたどり着くことが
できる部屋を事務所とするのが現実的なところでしょう。

以上のような点がポイントとなってきますが
最終的に審査・判断するのは行政という部分に
なります。何か指摘をされる可能性もあるということを
十分に念頭においてすすめていきましょう。

お問い合わせ

事務所代表者ご挨拶

Top